INTERVIEW

社会が加速する中
結果が見える仕事は
面白さもある。

営業戦略本部

德山 拓也Takuya Tokuyama

2019年入社
デザイン学部 情報デザイン学科 卒業

部署紹介

営業戦略本部

営業チャネルとして国内通販・海外展開(越境ECや卸売、輸出に関する市場調査)のほか店頭販売など業務は幅広く、広告代理店や各種取引先様との関係を構築しながら、より良い商品をお客様にお届けしています。

前職のノウハウを活かして結果を出す

前職では広告を回す仕事をしていたので、転職先はこれまでのノウハウを自社のために活かすことができる通販会社と考えていました。ヴェントゥーノに決めたのは、社員を「人財」と考える会社の理念や社長のライフビジョンに感銘を受けたからです。私の仕事は楽天やAmazonなどのECサイトで商品を多くの人に買ってもらうための営業戦略を考えること。時には消費者の心理に立ってバナー広告を自ら作成して運用することもあり、「結果が目に見える」仕事はやりがいがあります。

成果が見えるビジネスはいい意味で面白い!

買ってくれる戦略が当たったときは嬉しいですが、当然そうじゃないときもあります。だからといって、成功戦略を続けていくだけではお客様に飽きられてしまいます。目まぐるしく変わる世の中のスピードをうまく楽しみながら「これやったら面白いんじゃないか?」ふとした閃きやアイデアを形にして、新たな結果や価値を生み出すことに挑戦しています。考えることから実行まで一社員を信頼して任せてくれるのはヴェントゥーノの魅力だと思います。

未経験から通販販促をスタート

通販の販促経験はありませんでしたが、入社から早い段階である商品の販促を担当させていただきました。通販業界の常識から広告手法、収支計算などを学んだおかげで、過去最も多くのお客様にご購入いただくことができました。自ら考えた成功事例を糧に、これからも多くの人の心を動かせるような他人に誇れる仕事をしていきたいと思います。そして、いつか会社の人にも自分の仕事を語ってもらえるようになりたいです。

PAGE TOP